HEY鏡デビュー

ついにこの日が来ましたね!

記念すべき6号機第一弾のリリースです!

「Sアメリカン番長HEY鏡」が10月1日新装開店で登場ですね♪

純増枚数5.0枚というパワーワードが光りますが、

6号機について(雑誌でも出てますが)補足説明を。

 

さて、5.9号機の時代が終わり、(Aタイプはまだ出る)

いよいよ6号機時代の幕開けです。

5.9号機(有利区間制度リミット1500G)からの変更点はおおまかに以下の3つ

①天井の復活

②純増枚数の上限緩和

③ゾーン(天国等)の復活

天井やゾーンが復活するのは素直にうれしい点ですね。

単純にゲーム性の幅が広がり5.5号機と遜色ないものが作れます。

そして②純増枚数上限が実質的になくなったことで短時間勝負

という5.9号機以前にはなかった要素が追加されました。

(4号機の出玉スピードに近づけた?)

と、まあここまでは良い点なんですが、、、

あえてここに書きますが、有利区間の出玉制限は更にキツくなりました(涙

2400枚を超える払い出しで有利区間は終了となります。

いくら出玉スピードが上がったとはいえリミットは5.9号機よりも

抑えられてしまったわけですね。。。

 

とはいえ、前述したゾーンの復活により、

AT突入(出玉ある程度確保)→天国ですぐ引き戻し→またAT(さらに出玉確保)

といった5.5っぽい流れも実現できるので5.9号機よりは希望があるかな?

 

あ、あとART(AT)に設定差をつけられることも6号機の利点といえるでしょう。

 

Scroll to top